不倫力=ビジネス力!? 不倫が仕事で活かせるワケ

2018.2.6
働く女性

不倫をするとバレたときなど、仕事に悪い影響が出ると思っていませんか?

実は、不倫はビジネススキルを上げられるチャンスなのです。不倫で培う危機回避能力、時間調整力、人脈、忍耐力などはすべてビジネスに生きてきます。トラブルが起きたとき、アポイントを取るとき、手柄を取られたときなど、具体的にビジネスにおいてどんな場面で不倫が活かせるのか見てみましょう。不倫をしているうちに、いつの間にか成長している自分に気づくはずです。

どんな場面でも乗り越えられる強靭な精神力を養える

ビジネスでは、いついかなる場面でも冷静になり、乗り越えようとするための精神力が問われます。これは不倫にも当てはまります。
例えば、周囲に2人の関係がバレそうになったとき、とっさに嘘をつきとおすだけの能力が必要となります。これは精神が強くなければできないことです。生半可な対応ではすぐに不倫がバレてしまうからです。
澄ました顔でそれらしい嘘をつくだけでなく、そこには常に孤独も付きまといます。孤立無援の中、誰にも相談できずに、いつバレるかわからない不安を抱きながら付き合いを続けていくため、強い精神力が生まれるのです。

つまり不倫をしている人は自然と精神が鍛えられていきます。不倫の大変さに比べれば仕事のちょっとしたトラブルぐらい、問題ではありません。不倫をしていると何が起きても動揺せず、対処できるだけの強い心の持ち主となります。
ビジネスでは仕事仲間の協力が得られるので、むしろ1人で戦う不倫に比べれば楽とも言えるでしょう。仮に客先で孤立無援の中で戦う場面があったとしても、孤独に戦うことに慣れている不倫経験者であれば、簡単に乗り越えられるのです。

時計とスケジュール帳

わずかな時間を最大限に活かせるようになる

不倫をしている人は通常の恋と違い、会える時間が限定されています。隙間時間を縫うようにして相手と付き合うことになるので、時間を管理する能力がアップします。
相手のスケジュール、都合がいい時と悪い時、確実な待ち合わせ場所と時間など、非常に気を使うことでしょう。これはまさに会社の重役などの多忙を極める人へ、アポイントを取ることと似ています。
社長秘書のお伺いを立て、重役のスケジュールをありとあらゆる手で入手し、ご機嫌を伺いながらわずかな時間を調整していただく。そういう巧みなワザを不倫中の人は毎日のように繰り返しているのです。

不倫の場合、ビジネスでも私生活でも多忙を極める人が相手とは限りません。しかし、秘密裏に隠れて会うこと、お互い別の世界を持っていることなどから、スケジュールを合わせて会うことはとても難しいものです。バレないように暗号を使って待ち合わせ場所を決め密会するところは、まるで秘密会議のようです。
不倫ではたった数時間、時には数十分のために、場所のセッティングから何から何まで気を使う必要があるのです。重役へのアポイントなどでは、秘書を仲介するので、不倫経験者にとっては楽なものです。

商談を成立させる

長く続けられる術を身に付けられる

不倫をしているとき、自分が相手の1番とは限りません。相手が1番と言ってくれたとしても、それを盲目的に信じる人はまずいないでしょう。たとえそれが本心だとしても、既婚者である限り、立場上は夫や妻が1番なのです。
立場的に2番という位置づけは、不倫をしている人に忍耐力やおおらかさをもたらします。恋人として1番に優先されることなく、相手の家族に譲らなければならないからです。陰で相手を支え尽くすことは一見不毛のように見えますが、これがビジネスの場面で役立ってきます。
ビジネスではいつでも努力した結果がついてくるわけではありません。自分の功績が会社の功績になることはもちろん、ライバルや上司に獲られてしまうこともあります。そのようなとき、短気を起こして会社を辞めてしまったり、上司に逆らって閑職に飛ばされたりしていては大変です。
「相手が悪くても、自分が2番でも役に立っているならそれでいい」、「今が幸せなら功績など関係ない」といった広い心を持つことで、不倫関係を長く保つことができます。会社でも同じように考えていれば、トラブルに巻き込まれることはないでしょう。

男性上司と女性部下

相手を利用してビジネスで成功する

社内不倫は出世のチャンスにもなります。上司など立場が上の人との不倫の場合、仕事の相談にのってもらうことで、その培われた経験を知ることができるからです。社内外で人を紹介してもらえることもあり、人脈も広げることができるでしょう。
不倫相手は相手の人生にリスクを負わせていることから、何かしてあげようという気持ちが生まれます。仕事で役立つことをしてくれるのは、そんな負い目があるからとも言えるのです。
どんどん出世したい人は、人事の上の人に掛け合ってもらうなど融通を利かせてもらうのもいいでしょう。不倫をチャンスと見て、そこは甘えてみてください。これで相手の家族に迷惑をかけるというわけではないのです。

不倫の恋が終わっても、出世して得た仕事と地位は消えません。関係解消後も、残っていくものです。転職し、職場が変わることになったとしても、相手に紹介してもらった人脈はずっと活かすことができます。仕事のスキルに関しても自分の糧となり色あせることはありません。
出世のためにわざと不倫をする必要はありませんが、既に足を踏み入れているのであれば、相手を大いに利用してビジネススキルを上げましょう。

不倫をしている人はその時間が無駄であったと考えず、人間的に素晴らしい成長を遂げられるように活かすべきです。恋は人を成長させ魅力的にしますが、道ならぬ恋である不倫はもっと人としての深みをもたらします。世の中の不倫否定論に惑わされず、せっかく得たその力をビジネスの場面で活かしてください。相手に遠慮せず、仕事を有利にこなせるように指導してもらいましょう。仕事で難しい場面に遭遇したときも、不倫でピンチに陥った時や孤独なときのことを思い出せば、うまく乗り越えられるようになります。

ECRII編集部 高橋

ECRII編集部 高橋

25歳年上のバツイチ子持ち彼氏、単身赴任の上司との不倫同棲、など大きな声で言えない恋愛を乗り越え、同窓会で再会した同級生と昨年結婚。愛する夫とともに愛犬を愛でる日々を送る。自身の経験から、様々な形の恋愛に悩める人々に寄り添い応援したい、という思いを抱え、ECRIIを立ち上げる。

関連記事

関連キーワード