今夜くらべてみました!あなたの不倫の慰謝料は!?

2018.1.30
お金と小槌

たまたま好きになった人が既婚者であったがために、気付いたら不倫という形の恋愛になってしまったという経験をしたことのある女性も少なくないのではないでしょうか。
恋愛がうまくいっているときはいいのですが、ある日突然相手の奥さんから訴えられてしまうというケースはないとは言いきれません。不倫の慰謝料ってどのくらいかかってしまうのでしょうか?そんなことにはなりたくないですが、知識として頭の片隅に入れておいた方がいいかもしれません。

不倫の慰謝料には算定表がない!?

みなさんは、不倫の慰謝料というとどのくらいの金額がかかるかご存知でしょうか?
離婚の際の養育費については、子どもの数や夫婦のそれぞれの収入額などによって、裁判所基準の相場や算定表のようなものがあります。
しかし、不倫の慰謝料については、裁判所基準の慰謝料の算定表のようなものはありません。不倫による慰謝料請求の調停や裁判というのは、それぞれのケースによって全く異なるからです。不倫相手の収入額の違いや証拠がある場合、不倫事実を否定している場合などさまざまなケースがあり、内容が非常に複雑で画一的に慰謝料を算出するのは不可能だからです。
さらに、不倫の慰謝料は精神的なダメージに対して支払われるので、それを画一的に算定表などに当てはめるのは難しいのです。こうしたことが理由で、不倫の慰謝料には裁判所基準の相場や算定表のようなものがありません。

不倫の慰謝料の相場

不倫の慰謝料の算定表はありませんが、今までの事例などから相場は大体決まっていて、不倫の慰謝料の相場は、約50~300万円とされている場合が多いようです。
不倫の慰謝料の場合は、一つひとつのケースにより状況が全く異なるため、画一的に慰謝料を計算することが不可能なので、このように金額の幅が広くなるのです。
さらに、不倫によりその後の夫婦関係がどのように変化したかによって、不倫の慰謝料の相場が変わってきます。必ずしもこの金額内になるというわけではないので、参考程度にしてください。
離婚しないケース 約50~100万円
別居するケース 約100~150万円
離婚するケース 約150~300万円
不倫によりその後夫婦関係がどうなったかということに合わせて、婚姻期間や年齢、不倫前の結婚状況、修復の可能性、子どもへの影響など諸事情を考慮して検討されていきます。
責任が問われるような諸事情がある場合は、どんどん増額されその分慰謝料の金額も高額となっていくのです。

上昇グラフ

慰謝料を請求されたらどうするか

ある日突然、郵便で不倫の慰謝料の請求がご自宅に送られてきてしまったら、頭の中が真っ白になってしまいますよね。
不倫の事実があって、書かれている内容がそのとおりであれば尚更慌ててしまいます。
まず大切なことは、差出人をよく確認してください。
本人からなのか、弁護士からなのか、行政書士からなのか、誰からの請求なのかということにより、その後の対処の方法が異なってきます。
できることであれば読みたくないものなので、目をつぶってしまいたい気持ちも分かります。しかしそれは逆効果で、次は裁判所から通知が来てしまうので、その前に可能な限り早急に対策をたてましょう。専門家に相談をした後、適正金額であるならば支払いをしてしまうなど、早期解決が望ましいです。
慰謝料を請求する人の中には、実際には離婚までは望んでいないというケースも多いようです。あまり揉めずに早期解決するためにも、まずは必ず専門家に的確なアドバイスを受けるようにしましょう。

相談する女性

不倫慰謝料の相場を自動計算するシステムの活用

不倫の慰謝料について説明してきましたが、一体自身の不倫の慰謝料がどの程度の金額になるのか、とても気になりますよね。そのような方には、不倫の慰謝料の相場を自動計算してくれるシステムがあるので、参考にするのもいいかもしれません。
ただし、この自動計算システムには、弁護士や行政書士などのHPにのっているものであれば、広告の意味もあります。慰謝料請求をしたい人のためのHPであれば、実際の相場額の中でも高めの金額が計算されるということを知っておきましょう。
自動計算システムには、慰謝料を請求したい人のためのものと、慰謝料を減額したいと考えている人のためのものがあるので、利用する前にしっかりと見極めてください。
また不倫の慰謝料というのは、精神的ダメージに対する損害賠償のため、相場が認定されていません。裁判で個々のケースに応じて慰謝料が決定されます。この自動計算システムによって算出された金額というのは、あくまでも目安であることを注意してください。
ご自身の不倫のケースは、慰謝料がおおよそどの程度になるのか想像できましたでしょうか?
まさか自分に限ってと思われている方もいるかもしれませんが、その日がいつくるか自分には分からないので念のため知っておくことは必要でしょう。

法廷

慰謝料は、それぞれの事情やケースを考慮された上で、金額が増減され正式に決定されます。不倫による損害の大きさにより金額は大幅に変わってくるのです。
自分でなんとかしようとせず、必ず専門家のアドバイスを受けるようにすることが、早期解決につながることを知っておいてくださいね。

ECRII編集部 高橋

ECRII編集部 高橋

25歳年上のバツイチ子持ち彼氏、単身赴任の上司との不倫同棲、など大きな声で言えない恋愛を乗り越え、同窓会で再会した同級生と昨年結婚。愛する夫とともに愛犬を愛でる日々を送る。自身の経験から、様々な形の恋愛に悩める人々に寄り添い応援したい、という思いを抱え、ECRIIを立ち上げる。

関連記事

関連キーワード