こんな不倫男はすぐに別れて!付き合いたくない男性ワースト5

2018.2.21
室内でアゴに手を添えて悩む女性

不倫の恋をしている人は普通の恋愛をしている場合より、なにかと引け目を感じてしまうもの。相手に少々の不満があっても、一度スタートしてしまうと我慢してしまうことがあるかもしれません。でも、不倫だからといって我慢ばかりする必要はありません。

パートナー選びは真剣に。そして「あれ?こんなはずじゃなかったのに」そんな兆候が現れだしたのなら、すぐに別れることを考えることは間違いではありません。

ワースト5:とにかく経済力がない

不倫をするのなら、メリットのある男性としたほうがいいとは思いませんか?

例えば、既婚男性と付き合うのなら、ある程度の経済力のある男性と付き合うほうが、メリットとなります。経済力があったら、デートの時でもよりグレードの高いレストランやホテルを利用できたり、結婚という一つのゴールを望めない分、金銭的に保証してくれる男性もいます。それは女性としての経験値にもなります。

キャリアアップを望んでいる女性ならば、そのための資金を援助してくることもあるでしょう。経済力があるということは、社会的地位も高いことが多いので、直接的に出世のサポートをしてくれる場合もあります。

精神的に辛いこともある不倫の恋では、その心の寂しさをうめてくれるようなメリットのある男性を選ぶのも一つの手。自分で自分を納得させられるような理由の一つになり得るのが『経済力』というわけです。

ワースト4:口が軽く周囲に自慢をしたがる

居酒屋でお酒を飲みながら会話を楽しむスーツ姿の男たち

不倫は絶対にまわりに知られてはいけない恋愛です。

それが職場不倫であるのなら尚更でしょう。不倫が職場に知られることにより、解雇という事態に追い込まれてしまう可能性もあります。また仲のよい友人にも内緒で不倫をしていた場合は、友人との仲も気まずくなってしまうでしょう。

女性のほうがおしゃべりだと思われがちですが、男性の中でも自分がモテることを自慢したい人や、お酒が入ると口が軽くなってしまう人がいます。不倫相手の女性が可愛くて、男性社員の中での評判がよい場合など、ついつい我慢できずに自慢してしまうこともあるでしょう。

不倫の恋をするならば、このように相手の口の軽さ見極めることも必要です。

ワースト3:後先を考えず一人で不倫にのめり込む

既婚男性の中には、例えばお互いに割り切った付き合いをしようと決めたはずの不倫でも、一方的に盛り上がってのめり込んでしまう人もいます。そんな男性には気をつけなければなりません。

割り切った不倫ができる既婚男性が、不倫相手に求めるものといったら、セックスや癒し、刺激や恋愛ゲームなどでしょう。でも不倫のはずなのに本気になってしまう男性もいます。

女性の側もいつしか本気の恋愛を求めて一緒になる覚悟ならば、それは成立するでしょう。しかし、恋愛感情があって付き合っていても、相手の家庭を壊して奪ってしまいたいとまでは思っていない女性にとって、妻子を捨てて、不倫相手のもとに走ってしまいかねない男性は危険です。

休日に家族と過ごすことなく、不倫相手とばかり会おうとしていたり、夜も連絡が途絶えなかったりする男性は要注意です。そのうち、「離婚するから自分と結婚してくれ」と言い出すかもしれません。

もし、割り切った関係のままでいたいのなら、家族のことはできる限りは大切に扱って、無理のない範囲で不倫相手と会うといった一定の距離感とルールを保てる相手を選びましょう。

ワースト2:不倫という関係なのに独占欲が高い

バラの花とプレゼントを持つ男性

これは不倫だけに限ったことではないのですが、恋愛において相手のことを「自分だけのもの」などと普通に口に出してしまう相手には要注意です。確かに本気で相手のことを好きになると、ある程度の独占欲は出てきます。嫉妬もします。ただ、それを堂々と表に出して相手にも言ってしまうような人は、付き合う相手としてあまり好ましいとはいえません。

不倫の場合は、通常の恋愛に比べると、独占欲や嫉妬をより抑えなければなりません。「自分だけのもの」発言をする男性と不倫をするのは、あまりにリスクが高いのです。相手の独占欲や嫉妬によって、2人の関係がこじれたり、別れそうになるほど悪化すると、周囲にバラそうとしたりとより感情的な行動を取りかねません。

不倫はあくまでも人知れず続けることで成立するもの。一度、バレてしまったら修羅場になることが多く、様々なトラブルも考えられるので、独占欲の強い男性との不倫は避けたほうがよいでしょう。

ワースト1:後腐れのない人妻を狙う不倫常習犯

カフェの窓際の席でアイスコーヒーを飲む、主婦とサラリーマンの不倫カップル

恋した相手がたまたま既婚者だったという恋愛は、まさにやむにやまれぬ不倫。恋する気持ちから始まっているので、感情的には許せる部分もあるでしょう。でも、中には既婚者ばかりをゲーム感覚で狙う男性もいるので、要注意です。

確かに既婚女性、つまり人妻は男性にとって、魅力的に見える部分もあります。人のもの、という禁忌感や結婚生活で得た包容力や安定感、また男性の気持ちを汲み取るスキルが磨かれた既婚女性は、他はない魅力を持っています。さらに、子どもを持つことで生まれる母性的な面に惹かれる男性もいます。

しかし、既婚女性と付き合うと得られる『束縛されない』『結婚を求められない」『責任を負わされない』などといった、お手軽な部分に魅力を感じて、あえて既婚女性ばかりを狙って恋愛する男性もいるのです。気軽に付き合えて、後腐れなく別れられるからと遊び感覚で付き合うのです。そんな男性と不倫しても、リスクを負うばかりで得られるものは何もありません。

不倫をしていると、様々な場面で我慢を強いられることは多くなるでしょう。でも、我慢しなくていいことまで、我慢する必要はありません。自分本位な不倫男からはすぐに離れて、自分の将来にプラスになるような恋愛をしましょう。

ECRII編集部 利根川

ECRII編集部 利根川

大学では心理学を専攻、卒業後、某出版社勤務を経て現職。趣味は人間観察。一見、色香豊かな女っぽい容姿にも関わらず、男性・女性に偏らないフラットな物事の見方や男女問題にまつわる過去の取材、手掛けた記事といった膨大なデータから導き出す的確なアドバイスに、男女を問わず周囲からの恋愛相談が耐えない。将来の夢は『猫たちと平穏に暮らす石田ゆり子』になること。

関連記事

関連キーワード