知っておくと役に立つ!浮気された時にも平静を保つ3つの方法

2018.5.14

たとえ自分が不倫していたとしても(!)、信じていたパートナーが不倫しているのを知ったその時、それが全くの思いがけないことであっても、うすうす感づいていた場合であっても、同じように動揺して、心が乱れることでしょう。そんな時、平静を保つには、どうすればよいのでしょうか。

しばらくは何も考えない(落ち着くの待つ)

まずは、何も考えないことをおすすめします。動揺して、心が乱れている時に何かを考えても、あまりよい方向に自分の気持ちを持っていくことはできません。考えるのは、ある程度落ち着いてからにしましょう。

何か別のことをします。頭の中が、パートナーの浮気以外の何かでいっぱいになるようなこと。または、無心でいられるようなこと。自分の好きなことでよいのです。自分が普段よくやっている趣味やスポーツなどが向いているかもしれません。

例えば、本を読んだり映画を見たりするのが好きな人は、一番好きな本を読んだり、一番好きな映画を見たりしましょう。そのストーリーで頭をいっぱいにするのです。身体を動かすのが好きな人なら、プールで泳いだり、ジョギングをしたりなど、普段やっているスポーツをすると、無心でいられるでしょう。縫物や編み物などの手芸が好きな人なら、夢中で作っていると無心でいられます。

心が動揺している時に、パートナーの浮気のことを考えても、何もよいことはありません。とにかく、浮気を知ってすぐの段階では、具体的なことは何も考えないで、ある程度落ち着くのを待ちましょう。

自分を責めない(浮気された原因は自分にあると誤解)

パートナーの浮気を知って、一番やってはいけないことは、自分を責めることです。浮気されたのは自分のせいだ、と思い込むことです。それは全くの誤解です。同じ条件でも、浮気する人はするし、しない人はしません。浮気された人に原因があるということは、基本的にはありません。

浮気された側に原因があると考えられるのは、しいてあげれば、自分も浮気をしていた場合、パートナーの性的な要求を徹底的に拒否していた場合、長期間会うのを拒否していた場合などが考えられます。そのような場合でも、浮気をする人はするし、しない人はしません。

自分も浮気をしていたり、パートナーを拒絶していたりしない限り、浮気された側が悪いなどということは、ありません。浮気した方が悪いのです。自分を責める必要は全くありません。

何も原因がないところから、「自分に魅力が足りなかったのではないか」「パートナーに対する態度が悪かったのではないか」「もっと優しくしていればよかったのではないか」などと、ありもしない原因を考えるのはやめましょう。

あえて日常のルーチンワークを守る

浮気されたからといって、日常のルーチンを乱してしまう必要はありません。どうしても何も手がつかない状態になることは理解できます。でも、そんな時だからこそ、あえて日常のルーチンを守ることも大切です。がんばって、身体を動かしてみましょう。

朝は決まった時間に起きて、顔を洗い、歯を磨き、きちんと食事の支度をして食事をとり、服を着替えて化粧をしましょう。部屋をきれいに片付けて、出勤する場合は出勤すればよいし、家にいる場合は、家の仕事を片付けていきます。

健全な心は健康な身体に宿ります。パートナーの浮気によって別れるにしろ、別れないにしろ、健全で建設的な解決をしていきたいものです。そういう時は身体をいつもの健康な状態に保っておくことをおすすします。それは、あえて日常的なルーチンを守ることで実行できます。

少し落ち着いてから「怒る」「他人に聞いてもらう」

人の感情で、最も大きいものは、「愛」と「憎しみ」です。パートナーに対する愛情が深ければ深いほど、裏切られた時に憎しみは増大します。怒りは増していきます。でも、それが健全な状態で、むしろ怒るのは当たり前です。

浮気されて、少し落ち着いたら、パートナーに対して存分に怒りましょう。浮気されたのだから、怒っていいのです。怒るべきです。我慢する必要は全くありません。怒りは、ストレス発散にもなります。浮気されたというストレスが、怒りで発散されるのです。

そして、信頼できる友人がいたら、その人に話を聞いてもらいましょう。話をすることも、ストレス発散になります。ただ、話す相手には十分に気をつけましょう。くれぐれも信頼できる友人だけに限ります。

ECRII編集部 吉岡

ECRII編集部 吉岡

新人編集部員。三度の飯より恋が好き、な恋愛至上主義者の26歳女子。過去に10歳年上の男性との不倫経験あり、現在はパートナー募集中。仕事がうまくいっている時ほど、恋愛もうまくまわり出すものだと信じ、現在は連日編集作業の日々。休日は映画館で恋愛作品をチェックするのが定番の過ごし方。恋する女性すべてを美しくしたい!とファッションや美容についても目下勉強中。

関連記事

関連キーワード