清々しいまでの堂々不倫宣言!? 小泉今日子と豊原功補にみる新しい恋愛関係

2018.2.5
テレビザッピング

2月1日、お互いの公式サイト上で不倫関係にあることを公表し、大きな波紋を呼んでいる女優の小泉今日子と俳優の豊原功補。最近の加熱する不倫報道に世の中のバッシングも加速し続ける一方、不倫の数のあまりの多さに、現在進行形の不倫カップルにおいては、背徳感すらも麻痺し始めているのではないでしょうか。小泉さんと豊原さんのように、公然の秘密さえも飛び越えて、正々堂々と恋愛関係を認めてしまうほうがお互いの絆を深め合う結果に繋がっているようにさえ感じます。賛否両論を巻き起こしている、この新しい不倫のかたちについて考えてみました。

50代同士が織りなす、大人の不倫とは

お互いに結婚や離婚歴があり、人生の折り返し地点を過ぎた50代の男女における不倫関係は、若い頃のそれとはどうやら別格のよう。それは異性として魅力的、というだけでなく、仕事や人生に対しての価値観が同じであるかなど、かなり達観した感覚で相手を選んでいるという点でも言えそうです。

豊原さんの「私と小泉さんとの関係性は、互いに志をともにするパートナーシップであり、恋愛感情も伴っております」というコメントや、小泉さんの「(2015年に自身が立ち上げた製作会社の)設立当初から力をお貸し頂いている俳優豊原功補氏は同じ夢を追う同士」であり「恋愛関係でもあります」というコメントからもみられるように、単純な恋心にとどまらず、同じ夢に向かって突き進む同志のような、ビジネスパートナーの側面も持ち合わせているのです。

対等な男女

恋心や肉体関係以上で繋がる不倫は、どこへ向かうのか

年齢を重ねると、単なる色恋沙汰では終わらない、お互いの夢や目標を達成するための恋愛を始める人も増えていきます。瞬間的に燃え上がるような恋心や、一時的にのめり込める肉体関係での繋がりに比べ、ゆっくりとお互いへの尊敬や好意が発展して生まれた恋愛は、普通の不倫より厄介と言えそうです。

お互いの妻や夫への不満や物足りなさを補うというより、そもそもお互いの妻や夫には持っていないものに惹かれあってしまった二人は、恋愛感情だけにとどまらない繋がりや残りの人生をどう生きるのかといった意思もあいまって、周囲に関係なく突き進むケースが大変多いからです。

夕陽に向かい二人で手を繋ぎ歩む

それでも二人が再婚に至らない理由

「家族とは三年近く以前より住まいを別にしており」と別居中の妻子がいることも発表した豊原さんのように、実際の婚姻関係は破綻していたとしても、なかなかお互いが再婚には至らないのがこのケースの不倫です。

妻と別居中の男性との不倫には、大きく分けて2つのケースがあります。

1つ目は、妻には別居の意思がないにも関わらず、夫が一方的に家を出てしまったもの。2つ目は、お互いに別居をすべきという意思のもとに、納得の上で別居を続けているものです。

前者のケースにおいて、妻が離婚を拒否することは目に見えていますが、実は後者も大概にして同じ状況に陥ることが多いのです。

「自分たちの婚姻関係の破綻は認めるものの、新しい恋人との再婚は認めない」、子供がいる場合には「夫婦関係としてだけでなく、両親という役割がある以上、離婚はしない」など理由は様々ですが、夫が思っているほど、妻が別れることをそう簡単に選ぶことはありません。

だからこそ、現時点では小泉さんや豊原さんもお互いに恋愛関係にあることは認めていても、「結婚するとかそういうことではありません」とコメントしたように、再婚については否定するのかも知れません。

大きな新しい流れを生み出した、今回の大人の不倫関係。今後、どのような形に発展していくのか、まだまだ目が離せません。

Mr.二郎

恋愛カウンセラー Mr.二郎

大手外資系金融を経て経営コンサルティングなど様々なフィールドで活躍中。 経験が全て!と言い切るほどの恋愛エキスパート。 豊富な恋愛体験をもとに、プレイヤーとしての鋭い分析、 時には相談役として的確なアドバイスを惜しみなく与える現代のガンジー!?

関連記事

関連キーワード