オトナの恋をするならこの人!”不倫してみたい”芸能人~男性編~

2018.3.28
パパラッチに追われる男性有名人

妄想、想像の上なら道ならぬ恋もOK!?今回は女性が不倫したい男性芸能人について、各メディアでのアンケート結果から、人気の高かった男性芸能人4名をピックアップしてみました。

ミステリアスな彼に惹かれる?福山雅治

福山雅治さんは2015年に、女優の吹石一恵さんと結婚しています。当時ファンの女性が福山さんの結婚ニュースを耳にしてショックで会社を休んでしまうなど、社会現象まで起きたほどなので記憶に新しい人も多いことでしょう。

福山さんは男性からも好感度が高く、同僚にしたい、男が好きな男でも上位にランクインしているほどです。容姿はもちろん、音楽の才能も評価されていますし、話術が巧みで面白いということもあって男女どちらからも好かれ、支持されているのでしょう。

結婚の発表までは、お付き合いしていることがスクープされないよう、徹底して浮いた話がなく、一時期はゲイ疑惑まででたほど。そこまで徹底的に隠せるのなら、不倫してもバレる可能性は低いですよね。

プライベートも公開することがないので、ミステリアスなところも不倫したい男性芸能人の中にランクインしているのではないでしょうか。また熱烈な福山さんのファンなら、結婚していても構わないという人も多いから選ばれているのかもしれません。

セクシーそして禁断の愛が似合う?ディーン・フジオカ

NHKの連続テレビ小説「あさがきた」でブレークし、主婦の間で人気のディーン・フジオカさん。日本だけでなく、香港や台湾、アメリカで俳優活動をしており英語はもちろん、中国語や広東語など5ヵ国語を話すことができるとか。実は2012年に結婚しており、双子の父親でもあります。

身長180センチ、そしてあの整った顔立ちに目が離せなくなる人が多いようです。笑った顔もかわいいと若い女性からも好感をもたれています。 そんな彼を選んだ人の理由には「セクシー」「ダンディー」といったものや、「禁断の恋があいそう」といったものがあります。中には「お願いごとされたら何でも聞く」という人までいるほどです。

イケメンゆえに、禁断の恋となると妄想がどんどん膨らんでエスカレートしてしまうという人も多いようです。職場にあんなイケメンがいたら、と妄想してしまう人もいるのでは?
ディーン・フジオカさんのようなイケメンに迫られたら……自分の気持ちを抑えることが難しいという人も多いはず!

選ばれるのも納得!小栗旬

浮気癖や女好きといった報道で、一時期メディアを賑わせた小栗旬さん。そのイメージで不倫相手にもランクインした模様。 2012年に女優の山田優さんと結婚して2018年2月現在お子さんも2人います。しかし、山田さんと付き合っているときから、数々の女優との浮気疑惑、そして結婚後も浮気の話題は絶えませんでした。

そんな小栗さんですが、自分は「ウッズ病」だと明かしているのをご存知でしょうか。「ウッズ病」とはプロゴルファー・タイガーウッズがかかっていたことからつけられた「性的依存症」のこと。タイガーウッズは奥さん以外に14人の女性と浮気していたと報道されています。

しかし、小栗さんは結婚して時間がたつにつれて浮気癖のほうは落ち着いてきているようで、第2子が誕生してからは浮気男からイクメンにチェンジしている模様です。

スタイルもよくあのルックス、そして「低音ボイス」で耳元でささやかれ、見つめられでもしたら、自分を抑えるのが難しいと思う人が多いようです。しかし、小栗さんと不倫関係になっても今までの浮気のことを考えると、またすぐ別の人のところにいってしまいそうですね(笑)。

亭主関白と優しく清純な彼どっちがいい?向井理

2014年に女優・国仲涼子さんと結婚した向井理(むかい おさむ)さん。2018年2月現在お子さんは2人いらっしゃいます。イケメンで、優しい・さわやかな印象が人気の向井さんですが、亭主関白な一面があるのをご存知でしょうか?メディアに出演しているときの雰囲気などからは、そういった本当の姿がわからないので意外だという人も多いようです。

結婚前には夫婦そろってさまざまな芸能人との恋愛がうわさされています。また、結婚後もドラマなどで共演した女優さんと不倫はしていないものの、とても仲良しな一面を公開していることもあります。そのため不倫の事実がなくてもうわさが絶えない、または不倫の対象として見てしまうという人は多いようです。

男性芸能人で、ということで外見や色気などから向井さんを選んだ人も多く、向井さんと不倫したいという人はドラマなどの役柄のような優しい人向井さんと不倫したいのか、亭主関白な向井さんどちらに愛されたいのでしょう。
妄想の中の不倫なら、亭主関白も、優しくて清純派も無限大。自分の好みのシチュエーションや人柄を想像で作り上げて楽しめそうですね。

ECRII編集部 吉岡

ECRII編集部 吉岡

新人編集部員。三度の飯より恋が好き、な恋愛至上主義者の26歳女子。過去に10歳年上の男性との不倫経験あり、現在はパートナー募集中。仕事がうまくいっている時ほど、恋愛もうまくまわり出すものだと信じ、現在は連日編集作業の日々。休日は映画館で恋愛作品をチェックするのが定番の過ごし方。恋する女性すべてを美しくしたい!とファッションや美容についても目下勉強中。

関連記事

関連キーワード