実録・パパ活レポート!女性の年代別に取り上げてみました

2018.4.26
generation女子大生がスマホを操作

パパ活を行っている女性の世代は実は広いのです。20代の女性だけかと思われる方もいるかもしれませんが、実際のところはちがいます。今回は、実際にパパ活を行っている幅広い世代の方がどのようなパパ活を行っているのか、どのようにパパを探すために活動しているのかをレポートします。

「自分もパパ活できる?」と考えている人や同年代がどのようなパパ活を行っているのか気になる人は参考になるかもしれません。

パパ活レポート・女子大学生

需要が高そうな女子大生ですが、どのようなパパ活を行っているのでしょうか。

パパ探しには、パパ活専門サイトやアプリを使用して、パパとなりうる男性候補を探しています。最近のアプリやサイトでは、男性の住んでいる地域や年齢の他に、相手の年収や役職も知ることができるのです。そのため、自分の都合や条件にあったパパを探しやすくなっています。

その他の方法としては、特定の男性が集まるパーティーやクラブに参加する方法や、パパのいる友達から紹介してもらう。といった方法を取っている子もいます。

女子大生は基本的にアルバイト感覚でパパ活をしている模様。欲しいもののために単発で高額なアルバイトをする、といった感覚でしょう。旅行のためのお金や、学費を貯めるためなど理由はさまざまです。いずれにしても、彼女たちはお金が欲しくてパパ活を行っています。一人の人と継続して会うのではなく、毎回新しい人と会うので、刺激もあります。また、数回となると自分自身の話を詳しくしなくてもいいので、安全なのかもしれません。

パパ活レポート・女子会社員

OLの場合は年齢によってパパ活へのとらえ方が違って来ます。20代の前半の女性はどちらかと言えば女子大生と同じようにアルバイト的な感覚でパパ活をしている人が多く、パパ候補をしっかり選ぼうという気持ちはあまりないようです。20代の後半から30代の女性はお金のためだけではなく、何かの目的や目標があってパパ活をしている方が増えて来ます。

30代のS子さんは、ゆくゆくは仕事を独立したいと考えています。そのため、パパ活をしてお金を貯めているのです。中には、独立するために関連する企業の偉い人とも会う機会があるため、パパ活を通して人脈づくりを行っているとか。

他には借金返済ためにパパ活をしている女性もいます。そのために長期的にお付き合いができる男性を探してパパ活を始める方も少なくありません。パパ選びも慎重でしっかりとメールのやり取りをして、どんな相手か見極めてから会っています。

パパになる男性はそれなりに社会的に成功をしていて、金銭的にも余裕がなくてはいけませんし、同年代の男性にはない知識や経済力、交遊関係などを求めます。そのパパから金銭的な援助だけではなく人脈や、社会的に成功するノウハウを得ようと言うことです。中には数人のパパと定期的に会う女性もいるほどで、計画的にパパ活をしている方多いようです。

女性が家でPCを操作

パパ活レポート・専業主婦

女子大生が中心だったパパ活も最近では主婦層にも広がってきています。
主婦がパパ活をする理由も多様で、ご主人の収入だけでは足りずにパートに出て働くよりは効率よく稼げるのでパパ活をしている女性、ご主人の仕事が忙しくて寂しさを埋めるためや女性として扱ってもらいたくてパパ活をしている女性もいます。

落ち着きがあり気配りができる主婦はパパ活サイトでも人気があり、パパ活専用サイトに登録する時にプロフィールに既婚者であることを隠す必要もありません。ただ主婦がパパ活をするには既婚者であるがゆえにリスクが伴います。パパに「ご主人にパパ活をしていることをバラすぞ」と脅されて肉体関係を迫られるケースもありますので、慎重にパパ選びをしなければいけません。

中にはご主人に携帯電話を見られてパパ活専門サイトに登録をしていることが知られて、ご主人が新しいパパとしてコンタクトをしてきて、会いにいくと弁護士を伴ったご主人が表われて離婚に至ったケースもありるそう。いくら肉体関係がないといってもご主人ではない違う男性と会うわけですから、相手選びに気を付けるのはもちろんのこと、会う場所も地元や知り合いや友人に会いそうな場所ではパパとは会わない方が良いでしょう。

パパ活レポート・Around40〜50

今ではアラフォー、アラフィフと呼ばれる女性もパパ活をしています。40代でも50代でも男性が求めるのであればパパ活をすることは可能ですし、若い子にはない魅力で素敵なパパを見つけている女性も数多くいます。

男性の中には相手に癒しを求める方もたくさんいて、40代、50代の女性の落ち着いた雰囲気の中で食事をしたり大人のコミュニケーションが取れたりするのが最大の魅力のようです。年齢的に近いこともあり、一人の男性としてお付き合いができます。パパになる男性も60代70代や80代の方が多く、中には疑似恋愛を楽しみたいと思っている男性もいますので、事前に恋愛関係を望んでいるのではなく、パパ活をしていると言うことを事前にさり気なく伝えておく方が後々トラブルになりにくいでしょう。

ECRII編集部 高橋

ECRII編集部 高橋

25歳年上のバツイチ子持ち彼氏、単身赴任の上司との不倫同棲、など大きな声で言えない恋愛を乗り越え、同窓会で再会した同級生と昨年結婚。愛する夫とともに愛犬を愛でる日々を送る。自身の経験から、様々な形の恋愛に悩める人々に寄り添い応援したい、という思いを抱え、ECRIIを立ち上げる。

関連記事

関連キーワード