男心を操るプロ!ホステス嬢に見習うパパへのメール術

2018.4.23
黒い脚に大きくスリットが入ったドレスを着てお店のカウンターにもたれるホステス

パパ活初心者だと、どんな風にメールをしたらパパが盛り上がってくれるのかわからず、逆にパパが引いてしまうようなメールを書いてしまうことも少なくありません。パパ活成功のカギはメールにありです。男性の心を惹きつけてやまない“ホステス嬢”のテクニックを用いて、パパ活をさらに有利にしましょう。

お礼メールは欠かさずに

ホステス嬢の営業の鉄則。それは「お礼」につきます。電話したり、メールしたりした結果、お店に来てくれたお客様は、そのホステス嬢に興味があり、なおかつ下心があるということです。ということは次につながる可能性があるお客様といえます。ホステス嬢はお客様が帰った後のお礼メールを欠かしません。お客様がタクシーに乗っているうちにメールすると逆に安っぽく見られると思うホステス嬢もいるようですが、ここはキャラに合ったタイミングが一番でしょう。

パパと実際にデートした後、ホステス嬢マインドで、お礼は忘れないようにしてください。あまり自分には合わないなと思ったパパでも、もしかしたら何回か会ううちに、気持ちが通じあって思いがけなく高額なお小遣いがもらえるかもしれません。そのため、どのような相手でも何かしてもらったならばお礼をするのを忘れないようにしましょう。もちろん不快な行為や行動があればその時は関係を切ってしまう場合もあります。ですが、そうでない限り関係を継続しておいた方がいいでしょう。お互いに合わないと感じた期間が長ければ自然消滅になるので、そうならない限りは自分からは関係を絶たない方が賢明です。

日常のこともさりげなくメールする

多くのパパは、興味のある女性がどのような生活をしているのか気になります。そのため、些細な内容のメールでも喜ばれるケースもあるのです。「今日は家で〇〇をした」「最近雨続きで洗濯物が乾かない」「〇〇の映画を観に行ったら面白かった」などといった他愛のない話題も、相手は嬉しく感じます。

どのように日常を過ごしているのか気になっている男性もいるので、そのような場合は自分の生活が垣間見ることができるような内容を送るとさらに喜ばれます。また、「今日はウィンドウショッピングをしてきて素敵な服を見つけました」といった内容や「〇〇ってお店の前を通ったらとてもいい匂いがして今度行きたいなと思いました」のような内容を送り、次につなげるのもポイントです。相手が興味を持ったら「今度一緒に行って似合うか見てほしい」「そこで一緒にご飯食べたい」などと誘導しましょう。場合によっては買ってくれたりごちそうしてくれたりすることも少なくありません。

カレンダーに予定を書き入れる女性

パパの誕生日は欠かさずチェック!

パパのお誕生日はあらかじめリサーチしておくこと!これも大事なポイントです。複数パパがいる場合はお誕生日を決して間違えないように注意してください。誕生日はいくつになっても祝ってもらえると嬉しいものです。ですから、おめでとうのメールを忘れてはいけません。直接会う機会があるなら、ちょっとしたプレゼントを用意しましょう。

例えば、ネクタイは人気があります。パパの好きな色やモチーフを覚えておいて、そのデザインのネクタイをプレゼントすれば、パパは自分の趣味を覚えておいてくれた。と喜んでくれるはずです。クッキーなど手作りのお菓子もお金がかからない上に喜ばれるので、オススメできます。消えものは家に帰るまで食べてしまえばばれないので、家庭のあるパパも喜ぶでしょう。なによりも自分のために手作りしてくれたといった点が、喜んでもらえるポイントです。また、ハンドメイドが得意ならそれをプレゼントしてあげるのもよいかもしれません。

パパはあなたから高額なプレゼントを欲しいと思ってはいないはずです。逆に、申し訳なく感じてしまう人もいるかもしれません。真心がこもっていると感じさせるプレゼント選びが大事です。

気持ちも大切。パパを気遣っていると思わせる

男性の気持ちを尊重し、うまく誘導できるホステス嬢は相手をよく気遣います。寒い日には体調を気遣ったり、飲み会が続いている時は、飲み過ぎを気遣ったりと気配りをしているのです。同様に、お相手のパパにもそのような配慮を見せると喜ばれるでしょう。

例えば、連日飲み会続きなのを知っていた場合、その次の日会う予定があれば、ウコンを差し出したり、「今日は胃に優しいご飯にしよう」と提案したりしてあげるといいかもしれません。ちょっとした気遣いが、大きなものとなり返ってきます。男性の中には「借りをつくりたくない」といったタイプのかたもいるのでそんな相手のパパに何か差し出すと何倍にもなってお返しがくるのです。

また、メールでの配慮も大切なポイントになります。仕事が忙しい時には、「落ち着いたらでいいから、またご飯食べにいこうね」といった文章などがあると、自分のことを配慮してくれるなんて、優しい女性だなと思ってもらえます。相手がいてこそのパパ活なので、自分重視にならないように配慮してください。

パパ活とホステス嬢の接客方法はとても近いものがあります。

自分の時間を使い、相手を楽しませその対価としてお金をもらいます。そのため、その時間相手が楽しく過ごせるように配慮するのです。どのようなシーンでも相手への気遣いを怠ることがなければ、相手も「助けてあげたい。楽しく過ごせるようにさせてあげたい」といったような気持ちが膨らみます。そのような配慮をして、パパとの関係を良好に進めていってくださいね。

ECRII編集部 利根川

ECRII編集部 利根川

大学では心理学を専攻、卒業後、某出版社勤務を経て現職。趣味は人間観察。一見、色香豊かな女っぽい容姿にも関わらず、男性・女性に偏らないフラットな物事の見方や男女問題にまつわる過去の取材、手掛けた記事といった膨大なデータから導き出す的確なアドバイスに、男女を問わず周囲からの恋愛相談が耐えない。将来の夢は『猫たちと平穏に暮らす石田ゆり子』になること。

関連記事

関連キーワード