誰も知らない5月のイベント!カップルのための記念日とは?

2018.4.30
LOVEのカリグラフィー

バレンタインデーやホワイトデー以外にも男女の恋に関わる記念日があることを知っていますか?

記念日が多い方が2人の恋も盛り上がりますが、何ともユニークな記念日がこの世にはあるものです。
片思い中の人、カップルの人、付き合いが長くドキドキがなくなってしまった人も恋をしている全ての人を応援する記念日をご紹介します。

告白の日(5/9)

5月9日が告白の日ということを知っていますか?フレグランススプレーで有名な男性用化粧品のブランドAXEを展開するユニリーバ・ジャパン株式会社が2011年に制定し、日本記念日協会に登録した5月9日の告白の日。告白(こくはく)の語呂合わせで5月9日になりました。

昨今、肉食系男子は減ってきていて草食系男子、絶食系男子が増えてきています。昔の男性は彼女が欲しいとか頭の中が女性のことで一杯だったのに対し、この頃は彼女はいらないとか告白されたらお付き合いを考えるといったような女性に対して消極的な男性が多いのです。

一方女性は肉食系男子を求めている方が多く、草食系、絶食系男子に物足りなさを感じています。男性にはもっと積極的に勇気をだして女性に愛の告白をしてもらいたいという思いが込められ告白の日が制定されました。

4月からの新生活で素敵な人に出会ったならば5月9日に勇気をだして告白をしてみませんか?なかなか勇気を出すことができない男性の態度に気づいたなら、女性は男性が勇気を出せるように優しくさりげなく手助けをしてあげましょう。

キスのためにつま先立ちしている女性と男性の足元

キスの日(5/23)

5月9日の告白の日に勇気をだして告白し成功したカップルは5月23日が初めてのキスのチャンスです。5月23日はキスの日。1946年5月23日に日本映画で初めてのキスシーンが登場した佐々木康監督の「はたちの青春」が封切られたことが、この日がキスの日になった由来となっています。

今でこそドラマなどでもキスシーンはよく目にしますし、家族で見るには気まずくなってしまうラブシーンが登場する映画は沢山ありますが、1946年当時の観客には映画でみる初めてのキスシーンは刺激が強く連日大入り満員の映画となったのです。

キスの日というロマンチックなイベントは大切にしたいですね。付き合い始めたカップルの初めてのキスの日にしてもロマンチックですし、最近いつキスをしたかも思い出せない夫婦やカップルでもこの日は思い切ってキスをしてみませんか?

また付き合い始める前の段階のカップルでも、キスの日にキスで相手に気持ちを伝えてみるのもいいですね。男性も女性も不意打ちのキスには弱いものです。このキスがきっかけで2人の恋が始まることもあるかもしれません。

ラブレターの日(5/23)

5月23日はキスの日だけでなくラブレターの日でもあります。恋文(こいぶみ)の語呂合わせで5月23日がラブレターの日と制定されました。また1998年に映画「ラブレター」が公開されたこともこの日がラブレターの日となるもう1つの理由となっています。

携帯電話がない時代は大好きな人に手紙を書いて自分の気持ちを伝えることが当たり前でした。学校で好きな人の下駄箱やロッカーにラブレターを入れてドキドキしながら返事を待っていた経験がある人はいますよね。ところが携帯電話を使うようになった今はメールやLINEを使った告白が主流となっています。

メールやLINEで気持ちを伝えるのも、もちろんいいのですが5月23日は自分の気持ちを込めた手紙を書いて大切な人に渡してみましょう。字が汚いからと書き直して、気持ちの表現の仕方が難しいと書き直して、何度も見直して心を込めた手紙であれば自分自身の気持ちを見つめることもできますし、大切な人にもきっと気持ちが届くはずです。

ピンクのバラの花束

ローズデー(5/14)

韓国では2月14日のバレンタインデー、3月14日のホワイトデー、恋人がいない人が黒い服を着てブラックコーヒーなどの黒いものを飲食する4月14日のブラックデーなど14日は恋人に関する記念日が多くあります。またブラックデーを過ぎてもカップルになれない男性は5月14日には黄色い服でカレーを食べなければ恋人ができなくなるというイエローデーなんていう日も。

このイエローデーである5月14日は愛し合う者同士でバラの花束をプレゼントしあうローズデーでもあります。バレンタインデーとホワイトデーで愛を育んだカップルはバラがきれいに咲く季節である5月のこの日に素敵なデートをしてバラの花束を贈り合うのです。5月14日にきれいなバラの花束を持って大切な人と愛を語り合っているか、1人で寂しくカレーを食べているか、この落差は恐ろしいですね。

毎年5月14日にバラを贈り合い素敵なデートを重ねていき、5月14日にプロポーズするなんて夢のようにロマンチックですよね。プロポーズに成功して夫婦になっても記念日として毎年バラの花束を贈り合い素敵なデートを楽しみましょう。

恋をしている人たちを応援する記念日は沢山ありましたね。記念日に告白をすればいつもより高い確率で良い返事がもらえるかもしれません。

片思いの人もカップルの人も、人には話せない恋をしている人も、記念日には勇気をだして自分の気持ちを大切な人に伝えてみませんか?

ECRII編集部 吉岡

ECRII編集部 吉岡

新人編集部員。三度の飯より恋が好き、な恋愛至上主義者の26歳女子。過去に10歳年上の男性との不倫経験あり、現在はパートナー募集中。仕事がうまくいっている時ほど、恋愛もうまくまわり出すものだと信じ、現在は連日編集作業の日々。休日は映画館で恋愛作品をチェックするのが定番の過ごし方。恋する女性すべてを美しくしたい!とファッションや美容についても目下勉強中。

関連記事

関連キーワード