実際に登録してみました!パパ活に適しているサイト&アプリ・徹底実録レビュー

2018.4.12
女性が沢山のハートの風船を持っている

経済的に余裕のある男性と魅力的な女性が、肉体関係を前提としないデートをして、男性が女性にお金を支払う関係が話題を集めています。それを女性目線で呼んだ言葉が『パパ活』です。経済的にも心にも余裕があることが男性の必須条件。一方、女性は男性に楽しく素敵な時間を提供することを求められます。

ecrii編集部・吉岡が、どのようなサイトやアプリがいいのかを実際に身をもって(!)試してみたので、レポートします!

パパ活の老舗!『ペイターズ』

ペイターズは、パパ活に特化した日本初のマッチングアプリです。女性は、免許証や保険証などにより、18歳以上と認証されれば、無料ですべてのサービスを利用できるシステムとなっています。男性は、有料会員にならないと、気になった女性とのトークを開始できない仕様です。

公式サイトには、女性の約80%が24歳以下とあります。若い女性のほうが、比較的需要が高いようです。男性会員には所得証明機能があります。所得証明書や確定申告書の提出により認証されれば、信頼の証としてアイコンが表示されるようになり、女性の好感度があがるという仕組みです。

ということで、24歳以下ではありませんが(汗)登録してみました。

サイトに入ってみると、確かに所得証明済みのアイコンが出ている男性がちらほらいます。年収、盛ってないのでしょうか。よく分かりませんが、話がサクサク進んでいきます。

「パパ活希望」と発言すると、とりあえず顔合わせしましょうということで「交通費払います」なんて言ってくれます。この交通費に色をつけてくれる人もいるので、そこで見極めるのがポイントかもしれません。

男性会員がやや少ない印象も?『ユニバース倶楽部』

ユニバース倶楽部は、パパ活専門アプリというではなく、全国展開の交際クラブです。実は私も、少し前にパパ活希望で入会していたのです。男性も女性も、倶楽部で面談を受けた上で入会するシステムになっているので、ちょっとしたお見合い感覚な気もします。

もちろん普通のお見合いとは違って、男性のみに選ぶ権利があります。女性は無料で入会できるため、その点は仕方ないですね。ただ、付き合い方については、女性の側も愛人希望、パパ活希望などと希望を出せます。

女性は、18歳から40歳までの容姿端麗で向上心があり、最低限の常識やマナーのある人。などという入会条件があり、それにクリアしたら、入会ができるのです。

入会後に知ったのですが、男性会員は有料のためかさほどの厳しい条件はない模様です。決められた会員費さえ払えば、20歳以上で身分証明書の提示で入会できます。全体的に男性会員の人数が不足しているので、審査が緩めになっているみたいです。

そのため入会はしたものの、まだ指名されることもなく、日々が過ぎていっています。ですが、退会するのももったいないし、特に危険もなさそうなので、このまま指名されるのを待ってみます。

なんだかキャッチーな呼び名が気になる『SugerDaddy』

SugerDaddyは、パパ活専門サイトです。男性会員をシュガーダディ、女性会員をシュガーベビーと呼び、女性会員は無料で利用できます。男性には無料会員と有料のプレミアム会員がいて、年収証明書を提出したプレミアム会員はダイアモンド会員に昇格します。

実際に登録してみたところ、登録するときに年齢認証があるため、18歳未満だと登録できないシステムになっています。

登録して、サイトに入ってみると男性会員がランク分けされているので、分かりやすかったです。ランクは無料会員、プレミアム会員、ダイアモンド会員です。ダイアモンド会員はあまり多くありません。また、公式サイトの会員データを見ると、男性会員そのものが少ないようです。

ちなみにサイトは女性72%に対して、男性28%です。これはダイアモンド会員の取り合いになるのだろうなと思いながら、ダイアモンド会員の男性の掲示板に書き込んでみました。しかし、しばらくしたら運営側からメッセージが届きました。

どうやら、男性会員の掲示板は、運営側にきっちり監視されているようで、たいしたことは書き込んでないつもりだったのに、「金銭の受け渡し」などの「法律に触れる」というワードの並んだメッセージが運営局から来て、削除対象となったようです。

本当にたいしたことは書き込んでなかったのですが。もちろん目的はお金ではなく、あくまでパパ活です。ちょっと言葉に気をつけなければいけないみたいです。

FB連動でちょっと安心感!出会いに特化した『ペアーズ』

ぺアーズはパパ活専門のサイトではなく、恋活や婚活のサイトです。男性が有料なのは当然として、女性も有料会員になって、より有利に出会えるという点で、他のパパ活サイトとは少し違います。

会員数が多くFacebookから登録してくる人も多いので、身元がはっきりしている点では安心です。もしかしたら、パパ活にも使えるかもと思い登録してみました。

Facebookでの登録なので、友達とかにバレるのでは?と疑問に思ったのですが、当然ですが、アプリ側が勝手に投稿したりなどということはありません。また、友達の友達まで表示されないようにできるので、うっかり知り合いと会ってしまう危険性も少ないでしょう。

ただ、あくまで恋活、婚活アプリなので、パパ活はあまり浸透していません。パパ活希望なんてプロフに載せるわけにもいかないので、ここは慎重に様子を見ることにしました。

最近は年齢層も上がりつつあるFacebookからの登録なので、年配の経済力のありそうな人もけっこういます。そんな1人に、ためしにメッセージを送ってみるなどしてもいいかもしれません。最初は、通常の恋活や婚活のように、普通のやり取りをしつつ、パパになってくれるかどうか見極めていきましょう。

結局のところ、現在パパ活につながりそうなのは、やはりパパ活に特化したペイターズが強い印象。

ぺアーズでやり取りをしている男性は、結婚願望が強いみたいなので、パパ活には向かないかもしれません。変に期待させるのも申し訳ないです。

あくまで今回の検証は、“パパ活希望”ということで、交通費まで支払ってくれるという、ペイターズの男性とはうまくいきそうな気がします。検証と言いつつ、すっかりハマってますね(笑)

ECRII編集部 吉岡

ECRII編集部 吉岡

新人編集部員。三度の飯より恋が好き、な恋愛至上主義者の26歳女子。過去に10歳年上の男性との不倫経験あり、現在はパートナー募集中。仕事がうまくいっている時ほど、恋愛もうまくまわり出すものだと信じ、現在は連日編集作業の日々。休日は映画館で恋愛作品をチェックするのが定番の過ごし方。恋する女性すべてを美しくしたい!とファッションや美容についても目下勉強中。

関連記事

関連キーワード