ハマってしまう女性続出!?不倫上級者の特徴とは

2018.3.10
高級上時計で時間を確認するスーツの男の手のクローズアップ

「不倫は道徳に反する悪いこと」と思っている人でも、相手によっては知らず知らずのうちに引き寄せられて、気づいたらそんな関係になっていた。という可能性はゼロではなく、実際に経験している人もいるはずです。自分が傷つくとわかっていても、なぜか離れられなくなってしまう。それは相手が不倫の達人だからかもしれません。不倫が上手な男性には、共通する特徴があります。それゆえに、用心深い大人の女性でも、気づいたら恋に堕ちてしまうのです。誠実な相手と誠実な付き合いをしたいのであれば、不倫上級者を見極めて、注意してみるのもいいかもしれません。

絶対に覚えておきたい不倫上級者に共通する8つの特徴

1.LINEやメールはあくまでシンプルに

LINEやメールの絵文字やスタンプを多用するのは、女の子の専売特許。そんな常識はもはや過去のものとなりつつありますが、そんな中でシンプルに文字だけでメッセージをくれる男性って、大人だなと新鮮に感じたりしませんか?不倫上級者の男性は、あえて軽いノリを感じさせる絵文字やスタンプをあまり使わずに、女性の想像力や関心を掻き立てるのが上手です。気づいたら彼から来る連絡を心待ちにしている。女性の心を上手く惹くテクニックを自然と行っているのです。そんな男性は上級者かもしれません。

白いテーブルクロスの上に置かれたレストランのメニューを引き寄せるスーツの男

2.食事のお店を選ぶのもお手のもの

美味しくて雰囲気の良いお店をたくさん知っている男性は、相手の女性にぴったりのお店を選ぶのが得意です。女性に「何が食べたい?」「どんなお店がいい?」なんてことは聞かず、なにも言わなくても黙って任せておけばすてきなお店に連れていってくれます。そのため、女性はあれこれ考えたり余計な心配をしたりせずにすみます。もちろん不倫関係なのですから、お互いの知り合いと顔を合わさなくてもすむよう、職場や自宅からは離れたエリアを選ぶのは当たり前です。帰りのタクシー代も渡してくれるような、さりげない心遣いを見せてくれるので、つい次のお誘いも楽しみになってしまいます。

3.会話のコミュニケーション能力が高い

不倫上級者の男性は、他の世の中の男性たちのように、自分の自慢話や仕事の愚痴などこちらが聞きたくもない話しを延々と話したりしません。むしろ聞き上手なのでこちらの話しを熱心に聞いて、褒めたり励ましたり、ときには優しく叱ったりアドバイスをくれたりもします。こんなに私のことを理解してくれる人はいない、と女性の心を開かせグッと掴んでしまいます。とにかく会話が楽しく弾むので、また会いたくなる気持ちを抑えることができなくなってしまうのです。

4.女性にお財布を出させない

不倫上級者は経済的にも余裕がある場合が多く、女性には一切お財布を出させません。男性側が支払うのが当然という態度で、女性に遠慮や引け目を感じさせずにスマートに接してくれます。その様子がとても頼りがいがあるように見えることや、女性として大切にされているという優越感を感じさせてくれて、いけないこととわかっていながらも惹かれてしまいます。

5.自分から関係に踏み込むことはしない

不倫上級者の男性は決して自分からは既成事実を作ろうとはしません。恋愛の達人なので雰囲気を高めるだけ高めておいて、女性の口から「あなたが好き」「一緒にいたい」などの言葉を言わせてしまいます。自分はあくまでもそんな女性の気持ちに同意しただけというスタンスを貫きます。自分からこの不倫関係に踏み込んだわけではなく、踏み込んできたのは相手の女性という構図ができあがるのです。

6.妻を大切にしていることを隠さない

初めから大人の関係として割り切ったおつき合いを上手に出来るのが、その男性の不倫上級者たるゆえんです。不倫の達人は相手に下手な期待は抱かせません。妻の悪口や、妻とはそのうち別れるつもりだとか、妻とはずっとセックスレスだとか、そんな見え透いたウソもつきません。妻のことは愛しているし、別れるつもりもないとはっきり言ってくれるので、女性側もいつかは終わる関係だとわかって逢瀬を思い切り楽しむこともできるのです。

仰向けで手を上に伸ばし白いシーツを握りしめる裸の女性の腕

7.心も体も満足させてくれる

女性が好きだからこそ、妻とは違う女性との関係を繰り返す不倫上級者。そんな男性とのセックスは、もしかしたらこれまでに経験したことがないほど、女性としての喜びを感じさせてくれるかもしれません。思いやり深く献身的な行為に、身も心もメロメロにされてしまう可能性もあります。それもまた、つかの間の愛の幻影を味わう不倫ならではの蜜の味です。他の男性とのセックスが物足りなく感じて、別れられなくなってしまわないように注意したほうがよいでしょう。

白いシャツを身につけカフスボタンをつける男性

8.去るもの追わず来るもの拒まずの大きな器

不倫上級者は別れ際まで女性の期待を裏切りません。ムダに揉めてそれまでの関係を台無しにしたり、他人を巻き込んだり泥沼化するような態度をとらないのです。女性も最初からそのときが来るのをわかって付き合っているので、ダメージも最小限ですむのです。しかも主導権はあくまで女性にある、というスタンスなので、自分が悪者になることもありません。あくまでも女性の側が決めたこととして、良い関係のまま不倫を終わらせることができるのは、百戦錬磨の達人だからこそです。そしてまた、新たな女性との関係を繰り返していくのでしょう。

こんな男性なら不倫を楽しんでもいい、そんな大人の女性もいるかもしれません。もちろん不倫はいけないことですし、経験しないほうが自分のためでもあります。ですが、それを凌駕するほどのテクニックをもっている男性が現れてしまったのであれば、気持ちをとめられなくなってしまう可能性もあるでしょう。割り切った付き合いをできるのであればいいかもしれませんが、そうでなければ、気をつけて相手を見極めてみてください。

ECRII編集部 吉岡

ECRII編集部 吉岡

新人編集部員。三度の飯より恋が好き、な恋愛至上主義者の26歳女子。過去に10歳年上の男性との不倫経験あり、現在はパートナー募集中。仕事がうまくいっている時ほど、恋愛もうまくまわり出すものだと信じ、現在は連日編集作業の日々。休日は映画館で恋愛作品をチェックするのが定番の過ごし方。恋する女性すべてを美しくしたい!とファッションや美容についても目下勉強中。

関連記事

関連キーワード